024-935-0573
【 斉藤清作品常設店 】画廊 ギャラリーあさか乃

最新入荷作品紹介

最新入荷情報

【 備前焼 窯焚き風景② 】 2015年6月27日

2..jpg

こんにちは。

昨日に引き続きまして、岡安廣宗先生から送って頂いた窯焚き風景の写真を載せたいと思います。

右の写真が岡安先生が使われている「登り窯」です。
「登り窯」は斜面に沿って造られていて焼成室がいくつかに分けられています。薪の量もすごいですね。

棧切り模様を付けるために、焼成中、作品の上に木炭をそっとかぶせる作業も数日間し続けるそうです。

約2週間の焼成後に約10日間かけて40度までゆっくりと温度を下げ、窯出し作業に入るそうです。(急激に温度を下げれば作品が割れてしまうので)


備前焼が出来上がるまでに一言では言えない大変なご苦労があると思うのですが、岡安先生は、「備前焼は日常に普段使いして頂きたい」と笑顔でお話されます。

備前の中でも、窯変という作品は、横に寝かせて焼くので、溶けた灰によって下についてしまったり、割れてしまったりして商品として焼き上がるのは3割以下と聞きました。又、完成した中でも、善し悪しがあり、商品にならないものは窯出し直後に割ってしまうので、一作品一作品がとても貴重なものなのだと思いました。